【VTIとVOO】どちらの米国インデックスETFを買うべきか

【VTIとVOO】どちらの米国インデックスETFを買うべきか 米国株ETF

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑よろしければ応援クリックお願いします

<本記事の要旨>
・VTIもVOOも最優良ETF(大差なし)
・VTIの方が1口の単位金額が安く、買いやすい

VTIとVOOのどちらを長期保有すれば、良いのか。このような悩みをお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。

このようなお悩みを持つ方は、きっと完璧主義なのだと思います。しかしながら、本記事での詳細解説の通りVTIとVOOの特徴に明確な優劣はありません。

趣味・趣向の部分で、より心に刺さる方を選べば良い』と私は思いますが、それでも自分で決め難いという方には、以下の理由でVTIをおすすめします。

①ポートフォリオ理論により忠実(市場を丸ごと買う)②1口の購入金額単位が、より安い

①は以前の記事で触れているので、割愛します。②ですが、ETFは投資信託のように100円から好きな金額を定期積立の様なことができません。購入時の株価が、最低購入金額となります。

例えば、毎月$1,000買い付けしたいとしても、株価が$430だと2口しか購入できず、$140余ってしまいます。このため、少しでも購入金額単位が小さい方が、この様な端数金額が発生してしまう影響を減らすことができます。

以上を踏まえて、VOOとVTIのどちらにもこだわりがない人は、VTIで購入しておけば良いというのが私の考えです。

■本記事を書いている人
✅Twitter(@gonfox21)でも情報発信中!
✅米国株ETFと全世界株式インデックスで1,000万円以上運用中。
✅これまでに読んだ投資関連書籍は100冊を超える。
✅座右の銘『負けない投資(プラスサムゲーム)』

【VTI VS VOO】基本概要比較

VTIとVOOは共に、純資産総額が30兆円を超えており、世界で取引されるETFの中でTOP4に入ります。経費率も0.03%で最安水準なので、これ以上ない資産運用対象ですね。

購入資金が莫大でない方には、VTI($234.16)の方が金額単位が小さい分購入しやすいと思います。

  VTI VOO
銘柄数 4,124 511
経費率 0.03% 0.03%
株価 $234.16 $421.82
平均配当利回り(2020年) 1.75% 1.82%
年間平均リターン(直近10年) 16.6% 16.2%
純資産総額 2,914億ドル(約32兆円) 2,770億ドル(約30兆円)

【VTI VS VOO】ポートフォリオ比較

VTI,VOOポートフォリオ比較

そこまで大きな構成比率の違いは見られず、情報技術セクターが3割と牽引役になっている点で共通したポートフォリオになっています。

他のセクターも微妙に割合が異なりますが、誤差というところ。多少の違いがあるとすれば、通信セクターがVTIでは10.8%と2桁台なのに対して、VOOでは3%となるぐらいでしょうか。

【VTI VS VOO】上位構成銘柄比較

VTIもVOOも時価総額に応じた組み入れ比率であり、VOO構成銘柄はVTIにも含まれるので必然的に似た様な顔ぶれになります。

AlphabetはGoogleの親会社であり、実質的にはGoogleだと思って大丈夫です。違いがあるとすれば、上位10銘柄が構成全体に占める割合で、VOOの30.1%に対して、VTIは23.58%と若干マイルドです。

どちらも非常に良く銘柄分散がなされており、この違いが優劣つながることはなさそうです。

VTI VOO
Microsoft Microsoft
Apple Apple
Amazon Amazon
Alphabet(議決権あり) Tesla
Tesla Alphabet(議決権あり)
Alphabet(議決権なし) Alphabet(議決権なし)
Meta(Facebook) Meta(Facebook)
NVIDIA NVIDIA
JPMorgan Chase Berkshire Hathaway

【VTI VS VOO】トータルリターン比較

ご覧の通り見事に拮抗しています。小数点以下で誤差の様な違いは毎年ありますが、大差なく検証期間によって序列も変わります。従い、トータルリターンが、どちらを選ぶかの明確な材料にはならないと思います。また、以上のことからVTIとVOOを両方保有することにも、あまり意味はありません(同じ株価の動きをするので、分散にならない)

VTI,VOOトータルリターン比較

【VTI VS VOO】配当利回り比較

配当利回りについても、ほぼ同じ様な感じです。VOOの方が僅かに高い傾向がありますが、1.0%台の配当利回りは正直あってないようなものです。また、VTIやVOOを保有するインデックス投資家はトータルリターンに重きをおく投資スタイルですから、この配当利回り水準では有利・不利の材料にはならないでしょう。

VTI ,VOO配当利回り比較

【VTI VS VOO】増配率比較

以下は直近5ヵ年の増配率の比較ですが、VTIとVOOともに大きな差はありません。過去10年ですと、VTIとVOOの増配率は9%程度となります。

  VTI VOO
2016 7.16% 5.27%
2017 5.78% 5.56%
2018 11.17% 8.44%
2019 11.52% 17.61%
2020 ▲4.66% ▲4.81%
平均 6.19% 6.41%

【VTI VS VOO】まとめ

以上、様々な角度でVTIとVOOを比較しましたが、優劣の決め手になるような違いは認められません。

『自分はGAFAMやテスラにより一層の信頼を置いている。これらの割合が少しでも高いVOOの方が良い』ということでもなければ、以下2点を理由にVTIを長期保有すれば良いというのが筆者の考え方です

①ポートフォリオ理論により忠実(市場を丸ごと買う)②1口の購入金額単位が、より安い

VTIとVOOについて、個別にもう少し勉強した方向けに以下の記事も執筆しております。よろしければ参考にしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑よろしければ応援クリックお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました