【3分解説】VTIとVYMを比較検討してみよう

VTI,VYM比較検討 海外ETF

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑お時間ある方は応援クリックお願いします(^ ^)

【本記事を読むと分かること】
①VTIとVYMの違い
②どのような基準で選べば良いのか

投資初心者が米国ETFに投資をしてみたいと思った時に、まず名前が上がるベーシックな選択肢がVTIかVYMです。両方ともバンガード社が運用会社の超優良ファンドであり、どちらを選んでも優秀な長期投資の柱になってくれるでしょう

この2択の中でどちらかを選ばないといけなというのは贅沢な悩みなのですが、VTIとVYMの特徴を比較してどちらに投資すべきかを考えてみたいと思います。この記事を書いている私のプロフィールは以下の通りです。

■本記事を書いている人
✅Twitter(@gonfox21)でも情報発信
✅20代で金融資産4,300万円達成
✅米国ETFで資産運用(SPYDVYMSCHDHDV

私はVTIには投資していないのですが、どちらに肩入れすることもなく比較検討していきますのでご安心ください(オルカンですがインデックス投資もしています。また、昔は先進国株式投信で米国にも投資していました)。比較検討の行き着く先をネタバレすると、どちらが良いかは各個人の置かれた環境と長期投資のゴール次第です。私の場合はVYMを手段として採用したわけですが、この身銭を切る前提で考え抜いた過程の中でVTIの方がベターな選択肢になる人も数多いと私自身感じたのでその内容を本記事でまとめるものです

【基本概要】VTIとVYMの比較

(2022年10月30日時点)

  VTI VYM
運用会社 バンガード社
設定日 2001年5月31日 2006年11月16日
純資産額 2,620億米ドル 489億米ドル
配当利回り 1.74% 3.39%
信託報酬 0.03% 0.06%
銘柄数 4,066 443
出典:Yahoo finance, Bloomberg, Vanguard

【VTIとVYM比較】上位10銘柄の特徴

(2022年10月30日時点)

特徴としてはVTIは現在の米国経済の主役である新興企業が上位に名前を連ねるのに対して、VYMは昔ながらの米国大企業が多いです(連続増配年数が30年を超える企業は赤字)。VTIは米国市場全体であり、VYMはその中から配当利回りが平均以上の銘柄のみピックアップした指数なのでVYM銘柄はVTI銘柄に内包される関係性になります。

  VTI VYM
1 Apple Inc.  Johnson & Johnson
2 Microsoft Exxon Mobil Corp. 
3 Alphabet (Google) JPMorgan Chase & Co. 
4 Amazon.com Inc.  Procter & Gamble Co. 
5 Tesla Inc. Home Depot Inc. 
6 UnitedHealth Group Inc.  Chevron Corp. 
7 Berkshire Hathaway Inc.  Eli Lily & Co. 
8 Johnson & Johnson Pfizer Inc. 
9 Exxon Mobil  AbbVie Inc. 
10 Facebook Inc (Meta) PepsiCo Inc. 

VTIに配当というフィルタリングをかけたのがVYMと言えます。新規投資の領域が広い新興国企業とある程度市場のパイを取り終えた老舗企業では、後者の方が配当金を出す傾向にあるのでVYMはGoogle, Apple, Facebook, Amazon,Microsoftのようなグロース銘柄を含みません。この違いがトータルリターンや配当利回りにどのような違いを生むのかに注目です。

【VTIとVYM比較】トータルリターン

VTI(赤線)とVYM(青線)を2007年1月に$10,000投資(配当金は再投資)したら現在までにいくらになったかを図示したのが以下になります。

VYMとVTI比較(トータルリターン)
  最終金額 CAGR Best Year  Worst Year
VTI $34,504 8.18% 33.45% ▲36.98%
VYM $29,926 7.21% 30.08% ▲31.91%

VTIが年間にして1%程度リターンで優位に立つ結果となり、約15年間の運用期間で$34,504-$29,926=$4,578(約55万円)の差を最終収益でつけました。やはり、資産形成の効率性の観点ではVTIに利があるようです。VYMはグロース銘柄を含みませんので、新陳代謝が活発で時代ごとに経済の牽引役が変化する米国市場においてはその時々で一番のリターンを上げる新興企業の成長は取り込みずらいことや、配当金を極力出さない(含み益)形で課税を繰り延べるVTIとの税効率の差がこの1%の差に繋がるものと思われます(米国経済が日本化して老舗企業が永遠に主役という構造転換が起きない限り)大きな枠組みとしてVTIの方がトータルリターンで勝るという傾向は簡単には崩れないでしょう

【VTIとVYM】配当利回り・増配率シミュレーション

算出には直近10年間(2012-2021)の配当利回りと増配率の平均値である以下を前提に試算してみたいと思います。増配率ではややVTIが優勢ですが、1%以上の配当利回りを逆転するには不十分でありVYMの配当利回りをVTIが上回ることはホルダーの存命中はないでしょう。つまり、配当利回りはVYMに分があります。

  配当利回り 増配率
VTI 2.06% 9.29%
VYM 3.16% 8.92%
VYM VTI比較検討(配当利回り,増配率)
  1年目 5年目 10年目 15年目 20年目
VYM 3.16% 4.45% 6.82% 10.45% 16.02%
VTI 2.06% 3.01% 4.83% 7.75% 12.45%

【VTIとVYM】まとめ

ざっくり一言で言うならば、トータルリターンで言えばVTIの勝利。配当金の最大化であればVYMの勝利となります。私が考えるトータルリターンの最大化と配当金の最大化のメリット・デメリットは次の通りです

  メリット デメリット
トータルリターン重視 効率的な資産増 資産取り崩しが必要
定期的な収入がない
配当金重視 資産取り崩しが不要 非効率な資産増
定期的な収入あり(利益確定)

上のメリデメ表をみて自分はトータルリターンの最大化を目指すべきだと思えば、VTIが適切な投資対象になるでしょうし、配当金の最大化を目指すべきと思えばVYMが最適でしょう。具体的な判断のアプローチとしては『トータルリターンの最大化』にデメリットを感じるかという質問にどう自分は答えるかを考えてみると良いでしょう。

デメリットが許容範囲内(理想はデメリットと感じない)の場合はVTIを選ぶ。逆に、デメリットを強く感じるようであればVYMを選ぶというのが分かりやすいと個人的には感じます。

【ケース①】
資産形成期で定期的な収入は特に必要ない。加えて、引退期の資産取り崩しも抵抗なくできると思う人⇨VTI
【ケース②】
引退期に相場低迷などのリスクを考えると自分で取り崩す自信がない人⇨VYM。

そもそもVTIやVYMは長期投資向けの金融商品(短期投資や資産運用期間が長く取れない引退間際の世代向けではない)ことを踏まえると定期的な収入を配当金に頼る必要がある人は限られるでしょう。すると、出口戦略の準備・実行ができるかが判断の分かれ目だと思います。準備に関して言うと心理的負荷が判断の重荷にならないかです(取り崩しに合理的整合性があっても資産残高を減らす作業には抵抗感を持つ人もいるでしょう)。そして、実行に関して言うと年齢を重ねた自分の認知能力に自信があるかどうかも大切です。人は衰えます。30-40代では間違えない簡単なことが70-80代になると難しくなります。これは肉体のみならず情緒(自制心)・判断と思考能力にも及びます。

どこまで突き詰めるかですが、出口戦略を最後までハンドリングできる人はVTIが良いですし、資産形成上の非効率というデメリットと引き換えに出口戦略の不確実性を排除しておきたい人はVYMが良い選択肢になると思います。これは決めの問題だと私は思います。

なお、冒頭でも触れたとおり、どちらも超優良なETFです。(ここまで色々と検討しておきながら言うのもあれですが)どちらを選んでも間違いではないと私は思うので、この非常に高度なレベルで迷うぐらいなら早く行動に移す方が100倍大切だと思います。

筆者
筆者

どちらを選んでも悪くない選択になる場合、ベストを追い求めて厳密に検討するよりも早く始める方が重要だったりします。時間をかけて最善手を選ぶ人よりも、次善手を素早く実行に移せる人の方が投資では上手くいくと思います。悩んで投資期間が短くなれば、その時間が機会損失であるといえるからです。

上記のデメリット・アプローチでも迷いが解消されない人は、投資とは何か?という問いからVTIとVYMのどっちがしっくりくるのか考えてみることを提案します。投資とは寄付ではなくリターンを期待してお金を企業に預ける行動です。つまり、リターンを得るのが目的です。

このリターン獲得方法の違いが、VTIとVYMの最も大きな特徴の違いになります。前者はキャピタルゲインの形で後者は配当金の形で投資家に利益還元します。そもそも、なんで利益還元に方法がいくつもあるんでしょうか?どちらか一方が例外なく最善解なのであれば、もう一方が現代社会に残ってるのは変だと思いませんか?

これはどちらにもニーズがあることを示唆しています。あなたのニーズはどちらに当てはまるのか、より納得感が強い方を選ぶというのも一つのアプローチだと思います。この考え方についても需要があれば記事にしたく思うので、下記の応援クリックにて教えて頂けるとありがたいです!

筆者
筆者
 

今回の記事が面白かったという方は下記のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです。皆さんのニーズの把握に役立ちます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑お時間ある方は応援クリックお願いします(^ ^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました